〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-12-2

TEL:043-290-8338

千葉市 稲毛区 内科 糖尿病 生活習慣病 外科 漢方 サプリメント プラセンタ 武田クリニック

トピックス

Home

TOPICS

医院紹介

医師のご紹介

交通案内

初診の方へ


Mobile Site

武田クリニックのトピックス&クリニックマガジンです。不定期で更新します。お楽しみに。

HOME»  トピックス»  トピックス»  花粉症

花粉症

花粉症

 花粉症は、スギ花粉からヒノキ花粉へとうつっています。
 花粉症状は鼻炎、結膜炎が主体ですが、軽度の咳を合併することもあります。
 鼻炎症状は、「くしゃみ・鼻漏」型、「鼻閉」型、「混合」型があります。
 内服治療は、抗ヒスタミン薬と抗ロイコトリエン薬などの抗アレルギー薬が基本ですが、当院では漢方治療を併用することがあります。
 抗ヒスタミン薬は、第1世代と第2世代に分けられます。第1世代は効果は強いものの、眠気、口渇、尿閉などの副作用がでやすいため、現在は第2世代の投薬が主流です。
 抗ロイコトリエン薬は、特に鼻閉に有効性があり、喘息にも頻用されます。
 また、ステロイド点鼻薬は、直接鼻粘膜のアレルギー性炎症を抑制するので有効性は高く、眠気などの全身性副作用もありません。最近では、発症前の予防あるいは初期治療としての位置づけが高くなっています。
 しかし、上記のような治療でも、全ての患者さんがうまく治療できるわけではありません。花粉症は、鼻も眼も、西洋医学的には局所粘膜のアレルギー性炎症ですが、漢方的な「気」「血」「水」の乱れからおきることを考えることも重要です。
 例えば、鼻水だらだらの「くしゃみ・鼻漏」型では、「体の冷え」や「胃腸機能の低下」が多くみられます。漢方で頻用される有名な「小青竜湯」は、体を温めながら「水はけをよくする」ことで、症状を緩和させています。アレルギー体質の人は、胃腸機能が低下から冷え症状を誘発していることが多く、日頃から胃腸機能を高めることが重要です。
 また、「鼻閉」型では、体に熱がこもり、気の上衝(じょうしょう)という、体の熱がのぼせておきていると考える場合もあります。カロリー過剰、メタボ体質が影響することもあるので注意が必要です。
 花粉症治療では、抗アレルギー薬のみで有効な場合も勿論ありますが、同時に気血水の乱れも改善させないとうまくいかないことがあり、その場合は漢方治療が有効です。
 最近では、腸内細菌の乱れがアレルギー疾患に強く関与されていると考えられており、乳酸菌の有効性も報告されています。腸内細菌や気血水の乱れは、食生活を含めた生活習慣に起因するため、不摂生、睡眠不足、過労などが、花粉症状に強く影響します。
 花粉症はアレルギー性疾患ですが、その人の体質や生活習慣による個人差が強いので、治療も個々に応じた治療方法になると考えます。
 

2018-04-16 14:10:16

トピックス