〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-12-2

TEL:043-290-8338

千葉市 稲毛区 内科 糖尿病 生活習慣病 外科 漢方 サプリメント プラセンタ 武田クリニック

トピックス

Home

TOPICS

医院紹介

医師のご紹介

交通案内

初診の方へ


Mobile Site

武田クリニックのトピックス&クリニックマガジンです。不定期で更新します。お楽しみに。

HOME»  トピックス»  トピックス»  現在の流行

現在の流行

現在の流行

インフルエンザは収束傾向で、現在スギ花粉症の季節に移行してきています。
 
 当院の花粉症の治療は、西洋薬と漢方薬を、その人の症状に応じて処方しています。
 最近は、抗アレルギー剤が非常に進歩し、眠気が少なく効果の強い抗ヒスタミン薬が出てきています。
 一般的には、飛散の初期から抗アレルギー薬の服用を開始することが勧められます。  
 また、ステロイド点鼻薬は、直接鼻粘膜のアレルギー性炎症を抑制するので有効性が高く、眠気などの全身性副作用もありません。最近では、内服薬よりも、発症前の予防あるいは初期治療としての位置づけが高くなっています。 

 しかし、上記のような治療でも、全ての患者さんがうまく治療できるわけではありません。花粉症は、鼻も眼も、西洋医学的には局所的な粘膜のアレルギー性炎症ですが、漢方的な「気」「血」「水」の乱れからおきることを考えることも重要です。
 例えば、鼻水だらだらの「くしゃみ・鼻漏」型では、「体の冷え」や「胃腸機能の低下」が多くみられます。漢方で頻用される有名な「小青竜湯」は、体を温めながら「水はけをよくする」ことで、症状を緩和させています。
 アレルギー体質の人は、胃腸機能が低下から 冷え症状を誘発していることが多く、日頃から胃腸機能を高めることが重要です。
 また、「鼻閉」型では、体に熱がこもり、気の上衝(じょうしょう)という、体の熱がのぼせておきていると考える場合もあります。
 カロリー過剰、メタボ体質が影響することもあるので注意が必要です。

 最近では、腸内細菌の乱れがアレルギー疾患に強く関与されていると考えられており、乳酸菌製剤の有効性が報告されています。腸内細菌や気血水の乱れは、食生活を含めた生活習慣に起因するため、不摂生、睡眠不足、過労などが、花粉症状に強く影響します。(当院でも乳酸菌製剤は扱っていますが、服用後すぐにアレルギー症状が改善するわけではありません。)
 
 また、花粉症などのアレルギー性鼻炎のある方は、この季節にウィルス感染症などに罹患すると、咳喘息や思わぬ喘息発作を起こすことがあります。
 
 いつもと違う咳発作や呼吸困難感が強い場合、風邪薬や咳止めを頻用するのは禁物です。咳が増悪してくることがあります。
 喘息が持病の方は、特に吸入治療を怠らないようにすることが大切です。
 
 ゼーゼーいうだけが喘息症状ではありません。咳発作、呼吸困難感などの継続も発作の一症状です。2週間以上しつこい咳が継続する場合は、咳喘息や軽症喘息が強く疑われます。しかし、数日前からの発症でも強い咳発作がある場合は、要注意です。花粉症やアレルギー性鼻炎が持病にある方は、発症リスクが高いと考えた方がよいでしょう。また、犬猫やウサギ、ハムスター、インコなどのペットアレルギーがある方も意外に多く、それが発症素因となっている場合があります。ペットを飼っていて咳が長期化しやすい方は、ペットアレルギーの有無を採血で確認しておくことが重要です。
(陽性であった場合、ペットをどうするかの問題がありますが・・・本来は飼う前にアレルギー検査をすることが推奨されます。)
トピックスの「長引く咳および喘息の診断」もご参照ください。

 疲労・寝不足などで、体力・免疫力が低下している方は、花粉症も悪化することから、日頃から疲労過労をためず、食生活にも十分気を付けることが最大の予防です。また、漢方薬やサプリメントなどで、体調を整えておくことも一考です。

 また、ウィルス感染症に抗生物質は無効です。治すのは自己免疫力です。ウィルス感染症にかかりにくく、また自力で速やかに治すためにも、日頃からの体調管理が重要です。
 

2019-02-21 16:59:15

トピックス