〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台2-12-2

TEL:043-290-8338

千葉市 稲毛区 内科 糖尿病 生活習慣病 外科 漢方 サプリメント プラセンタ 武田クリニック

内科

Home

TOPICS

医院紹介

医師のご紹介

交通案内

初診の方へ


Mobile Site

内科

風邪、発熱、鼻水、咳、吐き気、息苦しい、腹痛、下痢、手足のしびれなど、多種多様な症状で、原因不明の場合、まずは内科で受診してください。

風邪

当院では、「風邪」の治療を重要視しています。

よく聞かれることですが、「風邪」は病名ではありません。由来は漢方の「外因」である「風邪:ふうじゃ」と思われます。医学書では、風邪=感冒であり、「咳、咽頭痛、鼻炎などの症状で発症する軽度の疾患」「自然に治る軽度の上気道ウィルス感染」と簡単に書かれています。治療方法に関して西洋医学では、「特別な治療はなく、解熱剤や咳止めなどの対処療法」となっています。

ところが、漢方ではこの「風邪」の診断治療について、2000年以上前から非常に分析的に書かれています。風邪がどのように発症して、どのような経過をたどるか。この症状にはこの生薬を組み合わせて治療する。など、現在も臨床に充分有用な方法です。
現代医学では、風邪の原因を「ウィルス」と特定したので、ウィルスを退治する薬がなければ治らないことになりますが、全部の抗ウィルス薬があるわけでないので、あとは自分の免疫力で治してください。となってしまいます。

また、「風邪」といっても、発症直後から細菌感染を伴い、すぐに重症化していく場合がよくあります。
この時は、抗生物質を投与すれば奏功しますが、それでも免疫力が落ちていれば難治になります。初期から細菌感染していることに気づかず風邪薬だけ飲んで、重症化している例も多く診ます。

現代の日本人は、慢性疲労で免疫力が低下していることが多く、また子供の頃から、すぐに解熱剤や風邪薬などで、せっかく自分が治すために上げた熱をすぐに下げてしまうので、治す力が非常に低下しています。

当院では、風邪の治療は、その人の体質をよく見極め、症状を的確に分析して、漢方と西洋医学の両者を組み合わせて診断治療をすることが重要であると考えています。
解熱剤や咳止めを飲んでも、症状が軽い場合や体力がある時は治ることもありますが、そうでない時は病気は進行していきます。

風邪が進行すると、気管支炎を併発し、咳が止まらなくなります。気管支・肺に病気が及ぶと治るのは厄介になります。「熱は下がったのですが、咳が止まりません」というのは、治ってきたのではなく、病気が進行した証拠です。咳止めで逆に咳が進行し、喘息になってしまう例は多く経験します。

「風邪」の診療は軽視されており、治療も不十分なことが多いので、くれぐれも風邪症状を軽視しないように注意してください。